《 国語 》小学3年生 《 漢字一覧 》小学生

小学3年生で習う漢字一覧|おかわりドリル

このページは、小学3年生で習う漢字を一覧で確認できるページです。

小学3年生で習う漢字数

・小学3年生で習う漢字は「200字」です。

ぴよ校長
小学3年生の漢字と、その読みをここで確認できるよ!

「小学3年生の漢字200字と読み」の一覧はこちら

悪 安 暗 医 委 意 育 員 院 飲 運 泳 駅 央 横 屋 温 化 荷 界 開 階 寒 感 漢 館 岸 起 期 客 究 急 級 宮 球 去 橋 業 曲 局 銀 区 苦 具 君 係 軽 血 決 研 県 庫 湖 向 幸 港 号 根 祭 皿 仕 死 使 始 指 歯 詩 次 事 持 式 実 写 者 主 守 取 酒 受 州 拾 終 習 集 住 重 宿 所 暑 助 昭 消 商 章 勝 乗 植 申 身 神 真 深 進 世 整 昔 全 相 送 想 息 速 族 他 打 対 待 代 第 題 炭 短 談 着 注 柱 丁 帳 調 追 定 庭 笛 鉄 転 都 度 投 豆 島 湯 登 等 動 童 農 波 配 倍 箱 畑 発 反 坂 板 皮 悲 美 鼻 筆 氷 表 秒 病 品 負 部 服 福 物 平 返 勉 放 味 命 面 問 役 薬 由 油 有 遊 予 羊 洋 葉 陽 様 落 流 旅 両 緑 礼 列 練 路 和

文部科学省「学年別漢字配置表」より


悪:あく・お・わる(い)

  善悪(ぜんあく)の判断をする、悪寒(おかん)がする、悪者(わるもの)と戦う


安:あん・やす(い)

  安心(あんしん)な場所で過ごす、安(やす)いテレビを買う


暗:あん・くら(い)

  暗算(あんざん)で計算する、電球が暗(くら)くなる


医:い

  町のお医者(いしゃ)さん


委:い・ゆだ(ねる)

  委員会(いいんかい)に入る、身を委(ゆだ)ねる


意:い

  言葉の意味(いみ)を調べる


育:いく・そだ(つ)・はぐく(む)

  犬を飼育(しいく)する、ひまわりを育(そだ)てる、夢を育(はぐく)む


員:いん

  市役所の職員(しょくいん)


院:いん

  病院(びょういん)に行く


飲:いん・の(む)

  飲食店(いんしょくてん)で働く、水を飲(の)む


運:うん・はこ(ぶ)

  学校の運動会(うんどうかい)、荷物を運(はこ)ぶ


泳:えい・およ(ぐ)

  水泳大会(すいえいたいかい)に出る、海で泳ぐ


駅:えき

  駅まで歩いて行く


央:おう

  町の中央(ちゅうおう)


横:おう・よこ

  横断歩道(おうだんほどう)を渡る、横(よこ)を向く


屋:おく・や

  屋外(おくがい)で運動する、家の屋根(やね)


温:おん・あたた(かい)

  体温(たいおん)を測る、温(あたた)かいスープ


化:か・け・ば(ける)

  学校の文化祭(ぶんかさい)、化粧(けしょう)をする、きつねに化(ば)かされる


荷:か・に

  商品を出荷(しゅっか)する、荷物(にもつ)が届く


界:かい

  世界(せかい)の大陸


開:かい・ひら(く)・あ(ける)

  試合を開始(かいし)する、ドアを開(ひら)く、窓を開(あ)ける


階:かい

  階段(かいだん)の下


寒:かん・さむ(い)

  寒暖(かんだん)の差が激しい、寒(さむ)い日


感:かん

  感想文(かんそうぶん)を書く


漢:かん

  漢字(かんじ)の練習


館:かん・やかた

  体育館(たいいくかん)で運動する、館(やかた)を出る


岸:がん・きし

  海岸(かいがん)に行く、岸に波が打ち寄せる


起:き・お(きる)

  朝に起床(きしょう)する、早起(はやお)きをする


期:き・ご

  一学期(いちがっき)が終わる、最期(さいご)をみとる


客:きゃく・かく

  お店にお客さんが来る、大きな旅客機(りょかくき)


究:きゅう・きわ(める)

  大学で研究(けんきゅう)をする、学問を究(きわ)める


急:きゅう・いそ(ぐ)

  救急車(きゅうきゅうしゃ)が走る、急(いそ)いで家に帰る


級:きゅう

  高級(こうきゅう)な食材


宮:きゅう・ぐう・みや

  大きな宮殿(きゅうでん)、伊勢神宮(いせじんぐう)へお参りに行く、宮古島(みやこじま)の海


球:きゅう・たま

  球技大会(きゅうぎたいかい)がある、球(たま)を投げる


去:きょ・こ・さ(る)

  去年(きょねん)の出来事、過去(かこ)の話、立ち去(さ)る


橋:きょう・はし

  陸橋(りっきょう)の上を歩く、橋(はし)を渡る


業:ぎょう・ごう・わざ

  お店の営業時間(えいぎょうじかん)、自業自得(じごうじとく)、たぬきの仕業(しわざ)


曲:きょく・ま(がる)

  名曲(めいきょく)を聴く、道を曲(ま)がる


局:きょく

  近所の薬局(やっきょく)


銀:ぎん

  銀色(ぎんいろ)の折り紙


区:く

  地区(ちく)の代表を務める


苦:く・くる(しい)・にが(い)

  苦労(くろう)を共にする、息が苦(くる)しい、苦(にが)い薬


具:ぐ

  具体的(ぐたいてき)な方法


君:くん・きみ

  佐藤君(さとうくん)に会う、君(きみ)たちの声


係:けい・かか(る)・かかり

  地域との関係(かんけい)、開発に係(かか)る、掃除の係(かかり)


軽:けい・かる(い)・かろ(やか)

  軽自動車(けいじどうしゃ)、軽(かる)いもの、軽(かろ)やかな足どり


血:けつ・ち

  体内の血液(けつえき)、血(ち)が出る


決:けつ・き(める)

  問題を解決(かいけつ)する、決(き)め事


研:けん・と(ぐ)

  自由研究(じゆうけんきゅう)をする、刀を研(と)ぐ


県:けん

  県庁(けんちょう)に行く


庫:こ・く

  倉庫(そうこ)を整理する、お寺の庫裏(くり)


湖:こ・みずうみ

  湖水浴場(こすいよくじょう)に行く、湖(みずうみ)に出かける


向:こう・む(く)

  船の進行方向(しんこうほうこう)、あちらを向(む)く


幸:こう・さいわ(い)・さいしあわ(せ)

  自分の幸福(こうふく)、幸(さいわ)いなこと、幸先(さいさき)が良い、幸(しあわ)せな状態


港:こう・みなと

  漁港(ぎょこう)の船、港(みなと)に着く


号:ごう

  号令(ごうれい)をかける


根:こん・ね

  球根(きゅうこん)を植える、土に根(ね)が張る


祭:さい・まつ(り)

  学校の文化祭(ぶんかさい)、お祭(まつ)りに行く


皿:さら

  お皿(さら)を洗う


仕:し・つか(える)

  仕事(しごと)をする、人に仕(つか)える


死:し

  死因(しいん)を調べる


使:し・つか(う)

  トイレを使用(しよう)する、道具を使(つか)う


始:し・はじ(める)

  学校の始業式(しぎょうしき)、作業を始(はじ)める


指:し・ゆび・さ(す)

  指示(しじ)した内容、足の親指(おやゆび)、方角を指(さ)し示す


歯:し・は

  乳歯(にゅうし)が抜ける、歯をみがく


詩:し

  詩(し)を書く


次:じ・つ(ぐ)・つぎ

  次回(じかい)の予告、東京に次(つ)ぐ都市、次(つぎ)の日の仕事


事:じ・こと

  事故(じこ)を防ぐ、いろいろな出来事


持:じ・も(つ)

  お弁当を持参(じさん)する、荷物を持(も)つ


式:しき

  小学校の入学式(にゅうがくしき)


実:じつ・み・みの(る)

  実力(じつりょく)をつける、木の実(み)がなる、実(みの)りの秋


写:しゃ・うつ(す)

  昔の写真(しゃしん)、書き写(うつ)す


者:しゃ・もの

  新聞の記者(きしゃ)、若者(わかもの)の育成


主:しゅ・おも・ぬし

  文章の主語(しゅご)、主(おも)に学んだこと、声の主(ぬし)


守:しゅ・す・まも(る)

  野球の守備(しゅび)、家を留守(るす)にする、守(まも)りに入る


取:しゅ・と(る)

  免許を取得(しゅとく)する、連絡を取(と)る


酒:しゅ・さけ・さか

  梅酒(うめしゅ)を作る、お酒(さけ)を飲む、酒蔵(さかぐら)を見学する


受:じゅ・う(ける)

  受験(じゅけん)の勉強をする、電話を受(う)ける


州:しゅう・す

  九州(きゅうしゅう)を観光する、三角州(さんかくす)の地形


拾:しゅう・ひろ(う)

  事態を収拾(しゅうしゅう)する、ごみを拾(ひろ)う


終:しゅう・お(わる)

  始業式と終業式(しゅうぎょうしき)、言い終(お)わる


習:しゅう・なら(う)

  毎日の習慣(しゅうかん)、水泳を習(なら)う


集:しゅう・あつ(まる)

  運動場に集合(しゅうごう)する、人が集(あつ)まる


住:じゅう・す(む)

  自宅の住所(じゅうしょ)、アパートに住(す)む


重:じゅう・ちょう・え・おも(い)・かさ(ねる)

  身長と体重 (たいじゅう)、貴重(きちょう)な経験、三重県(みえけん)の海、重(おも)い荷物、重(かさ)ね着をする


宿:しゅく・やど

  宿題(しゅくだい)をする、宿(やど)に泊まる


所:しょ・ところ

  広い場所(ばしょ)、台所(だいどころ)に立つ


暑:しょ・あつ(い)

  夏の猛暑(もうしょ)、とても暑(あつ)い日


助:じょ・たす(ける)

  助言(じょげん)をする、おぼれている人を助(たす)ける


昭:しょう

  昭和(しょうわ)と平成


消:しょう・き(える)・け(す)

  食べ物を消化(しょうか)する、足音が消(き)える、火を消(け)す


商:しょう・あきな(い)

  商店街(しょうてんがい)を歩く、商いをする


章:しょう

  文章(ぶんしょう)を書く


勝:しょう・か(つ)・まさ(る)

  決勝(けっしょう)で対戦する、勝(か)ち負けが決まる、勝(まさ)るとも劣らない


乗:じょう・の(る)

  車に乗車(じょうしゃ)する、電車に乗(の)る


植:しょく・う(える)

  植物(しょくぶつ)の成長、木を植(う)える


申:しん・もう(す)

  学校の内申書(ないしんしょ)、試合を申(もう)し込む


身:しん・み

  身長(しんちょう)と体重、身近(みぢか)なもの


神:しん・じん・かみ・がみ・かん

  阪神(はんしん)タイガース、神社(じんじゃ)に行く、神様(かみさま)が集まる、近所の氏神(うじがみ)さま、神主(かんぬし)さんに会う


真:しん・ま

  古い写真(しゃしん)、運動場の真(ま)ん中


深:しん・ふか(い)

  深海魚(しんかいぎょ)を見る、とても深(ふか)い谷


進:しん・すす(む)

  進行方向(しんこうほうこう)を確かめる、前に進(すす)む


世:せい・せ・よ

  一世紀(いっせいき)の間、世界(せかい)の海、世(よ)の中


整:せい・ととの(える)

  机を整理(せいり)する、呼吸を整(ととの)える


昔:せき・じゃく・むかし

  昔年(せきねん)のおもかげ、今昔物語(こんじゃくものがたり)、昔話(むかしばなし)を聞く


全:ぜん・すべ(て)・まった(く)

  安全(あんぜん)な場所、全(すべ)ての人々、全(まった)く関係ない


相:そう・しょう・あい

  相談(そうだん)する、歴代の首相(しゅしょう)、相手(あいて)を見る


送:そう・おく(る)

  荷物を発送(はっそう)する、手紙を送(おく)る


想:そう・そ

  想像上(そうぞうじょう)の動物、愛想(あいそ)がよい


息:そく・いき

  銀行の利息(りそく)、息(いき)をする


速:そく・はや(い)・すみ(やか)

  車の時速(じそく)、川の流れが速(はや)い、速(すみ)やかに移動する


族:ぞく

  家族(かぞく)の関係


他:た・ほか

  自分と他人(たにん)、他(ほか)のことをする


打:だ・う(つ)

  打席(だせき)に立つ、打(う)ち上げ花火


対:たい・つい

  対戦相手(たいせんあいて)が決まる、熱電対(ねつでんつい)で温度を測る


待:たい・ま(つ)

  期待(きたい)がふくらむ、バスを待(ま)つ


代:だい・たい・か(わる)

  時代(じだい)の変化、選手が交代(こうたい)する、代(か)わりの品


第:だい

  第一位(だいいちい)になる


題:だい

  本の題名(だいめい)


炭:たん・すみ

  石炭(せきたん)を燃やす、肉を炭火(すみび)で焼く


短:たん・みじか(い)

  七夕の短冊(たんざく)、日が短(みじか)くなる


談:だん

  悩みを相談をする


着:ちゃく・き(る)・つ(く)

  目的地に到着(とうちゃく)する、服を着(き)る、駅に着(つ)く


注:ちゅう・そそ(ぐ)

  横断歩道を注意(ちゅうい)して渡る、水を注(そそ)ぐ


柱:ちゅう・はしら

  電柱(でんちゅう)のケーブル、お寺の太い柱(はしら)


丁:ちょう・てい

  一丁目(いっちょうめ)の家、丁寧(ていねい)に説明する


帳:ちょう

  銀行の通帳(つうちょう)


調:ちょう・しら(べる)

  体調(たいちょう)を整える、漢字を調(しら)べる


追:つい・お(う)

  追加(ついか)の注文をする、犯人を追(お)う


定:てい・じょう・さだ(める)

  商品の定価(ていか)、定規(じょうぎ)を使う、法律を定(さだ)める


庭:てい・にわ

  学校の家庭訪問(かていほうもん)、庭(にわ)の掃除をする


笛:てき・ふえ

  機関車の汽笛(きてき)、笛(ふえ)をふく


鉄:てつ

  地下鉄(ちかてつ)で移動する


転:てん・ころ(ぶ)

  小学校を転校(てんこう)する、ボールを転(ころ)がす


都:と・つ・みやこ

  大きな都市(とし)、都合(つごう)が良い、住めば都(みやこ)


度:ど・たく

  温度(おんど)を測る、出発の支度(したく)をする


投:とう・な(げる)

  野球の投手(とうしゅ)、ボールを投(な)げる


豆:とう・ず・まめ

  納豆(なっとう)を食べる、大豆(だいず)の料理、節分の豆(まめ)をまく


島:とう・しま

  日本列島(にほんれっとう)、島(しま)に船で行く


湯:とう・ゆ

  熱湯(ねっとう)を注ぐ、お湯(ゆ)を沸かす


登:とう・と・のぼ(る)

  学校へ登校(とうこう)する、休日に登山(とざん)へ出掛ける、木に登(のぼ)る


等:とう・ひと(しい)

  均等(きんとう)に分ける、長さが等(ひと)しい


動:どう・うご(く)

  運動場(うんどうじょう)に行く、体を動(うご)かす


童:どう・わらべ

  童話(どうわ)を読む、童歌(わらべうた)を歌う


農:のう

  日本の農業(のうぎょう)


波:は・なみ

  海の防波堤(ぼうはてい)、波(なみ)が寄せる


配:はい・くば(る)

  荷物を配達(はいたつ)する、プリントを配(くば)る


倍:ばい

  二倍(にばい)の重さ


箱:はこ

  箱(はこ)の中身


畑:はた・はたけ

  畑作(はたさく)の仕事、畑(はたけ)で野菜を育てる


発:はつ

  本の発売日(はつばいび)


反:はん・ほん・たん・そ(る)

  反対(はんたい)の意見、謀反(むほん)をおこす、反物(たんもの)を買う、板が反(そ)る


坂:さか

  急な坂道(さかみち)


板:ばん・ぱん・いた

  船の甲板(かんぱん)に出る、お店の看板(かんばん)、まな板(いた)を洗う


皮:ひ・かわ

  手の皮(ひ)ふ、りんごの皮(かわ)をむく


悲:ひ・かな(しい)

  悲願(ひがん)が実る、悲(かな)しい出来事


美:び・うつく(しい)

  美術館(びじゅつかん)に行く、美(うつく)しい絵


鼻:び・はな

  耳鼻科(じびか)のお医者さん、鼻(はな)をかむ


筆:ひつ・ふで

  毛筆(もうひつ)を使う、習字の筆(ふで)


氷:ひょう・こおり

  氷山(ひょうざん)が溶ける、氷(こおり)が割れる


表:ひょう・おもて・あらわ(す)

  太陽の表面(ひょうめん)、紙の表(おもて)と裏、言葉に表(あらわ)す


秒:びょう

  一秒(いちびょう)の間


病:びょう・や(む)・やまい

  病気(びょうき)が治る、気に病(や)む、病(やまい)は気から


品:ひん・しな

  良い品質(ひんしつ)、品定(しなさだ)めをする


負:ふ・ま(ける)・お(う)

  勝負(しょうぶ)をする、試合に負(ま)ける、傷を負(お)う


部:ぶ

  いろいろな部分(ぶぶん)


服:ふく

  服(ふく)を着る


福:ふく

  大福(だいふく)を食べる


物:ぶつ・もつ・もの

  植物(しょくぶつ)を育てる、貨物列車(かもつれっしゃ)、今日の持ち物(もの)


平:へい・びょう・たいら・ひら

  昭和と平成(へいせい)、不平等(ふびょうどう)をなくす、平(たい)らな石、平泳(ひらおよ)ぎで泳ぐ


返:へん・かえ(す)

  返事(へんじ)をする、本を返(かえ)す


勉:べん

  勉強(べんきょう)をする


放:ほう・はな(つ)・ほう(る)

  放課後(ほうかご)に遊ぶ、鳥を放(はな)つ・ボールを放(ほう)る


味:み・あじ

  意味(いみ)を調べる、料理の味(あじ)を確かめる


命:めい・みょう・いのち

  生命(せいめい)の誕生、太陽の寿命(じゅみょう)、命綱(いのちづな)をつかむ


面:めん・おも・つら

  新聞の紙面(しめん)、昔の面影(おもかげ)がある


問:もん・と(う)・とん

  問題(もんだい)を解く、問いと答え、問屋街(とんやがい)に行く


役:やく・えき

  映画の主役(しゅやく)、役務(えきむ)の提供


薬:やく・くすり

  薬剤師(やくざいし)になる、胃の薬(くすり)を飲む


由:ゆ・ゆう・ゆい

  シンガポールを経由(けいゆ)する、理由(りゆう)が分かる、由緒(ゆいしょ)正しい


油:ゆ・あぶら

  石油(せきゆ)を輸入する、水と油(あぶら)


有:ゆう・う・あ(る)

  有料(ゆうりょう)の道路、有無(うむ)を確認する、お金が有(あ)る


遊:ゆう・あそ(ぶ)

  公園の遊具(ゆうぐ)、外で遊(あそ)ぶ


予:よ

  天気予報(てんきよほう)を見る


羊:よう・ひつじ

  羊毛(ようもう)のフェルト、羊(ひつじ)を育てる


洋:よう

  洋服(ようふく)を買う


葉:よう・は

  秋の落葉(らくよう)、植物の葉


陽:よう

  太陽(たいよう)と地球


様:よう・さま

  活動の様子(ようす)、江戸時代の殿様(とのさま)


落:らく・お(ちる)

  秋の落葉(らくよう)、落(お)ち葉を拾う


流:りゅう・なが(れる)

  川の下流(かりゅう)、水の流(なが)れが速い


旅:りょ・たび

  海外旅行(かいがいりょこう)に行く、旅(たび)をする


両:りょう

  両手(りょうて)で持つ


緑:りょく・みどり

  緑茶(りょくちゃ)を飲む、緑色(みどりいろ)の絵の具


礼:れい

  お礼をする


列:れつ

  列(れつ)に並ぶ


練:れん・ね(る)

  練習(れんしゅう)をする、粉を練(ね)る


路:ろ・じ

  車が道路(どうろ)を走る、家路(いえじ)を急ぐ


和:わ・お・やわ(らぐ)・なご(む)

  平和(へいわ)を願う、お寺の和尚(おしょう)さん、痛みが和(やわ)らぐ、気分が和(なご)む


 

-《 国語 》小学3年生, 《 漢字一覧 》小学生

Copyright© おかわりドリル , 2021 All Rights Reserved.