《 小学生 算数 》解説

「分数の掛け算は " 分母同士、分子同士を掛ける " 」計算になる説明

なぜ、分数の掛け算は分母同士、分子同士かけるのか?

ここでは、なぜ分数の掛け算は「分母同士、分子同士を掛ける」のか?を、考えていきます。

この公式のポイント

分数の掛け算は、分母同士、分子同士を掛けます。

分数の掛け算は、なぜこの公式で求められるのか?を考えながら、理解していきたいと思います。

疑問に思ったときに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ぴよ校長
それでは分数の掛け算の公式を確認していこう!

分数の掛け算は「分母同士、分子同士を掛ける」説明

分数の掛け算を、下の式を使って確認してみようと思います。

$$\Large\frac{3}{5}\times\frac{2}{7} $$

ぴよ校長
分数を掛けるとき、分子は整数の掛け算、分母は整数の割り算と考えてみると、わかりやすいよ!

$$\Large\frac{3}{5}\times\frac{2}{7}=\frac{3}{5}\times{2}\div{7} $$


ぴよ校長
掛け算の部分は下のように計算できるよ!

$$\Large\frac{3}{5}\times{2}=\frac{3×2}{5}$$


ぴよ校長
割り算の部分は、下のように計算できるね!

$$\Large\frac{3}{5}\div{7}=\frac{3}{5×7}$$


これを続けて式に書くと、下のようになります。

$$\Large\frac{3}{5}\times\frac{2}{7}$$

$$\Large=\frac{3}{5}\times{2}\div{7}$$

$$\Large=\frac{3×2}{5}\div{7}$$

$$\Large=\frac{3×2}{5×7}$$

ぴよ校長
分数の掛け算を、分母同士、分子同士の掛け算に変えることができたね!

$$\Large\frac{3}{5}\times\frac{2}{7}=\frac{3×2}{5×7} $$

まとめ

分数を掛けるときは、分子は整数の掛け算、分母は整数の割り算に変えることができます。

・分数の掛け算は、分子同士、分母同士の掛け算で求めることができます。

ぴよ校長
これで、分数の掛け算の公式も大丈夫だね!

その他の小学生の算数の解説は、こちらのリンクにまとめてあるので、気になるところはぜひ読んでみて下さい。

-《 小学生 算数 》解説

Copyright© おかわりドリル , 2021 All Rights Reserved.