《 数学 》中学1年生 正の数・負の数

中学1年生|数学|無料問題集|正の数・負の数の減法(整数)

このページは、中学1年生で習う「正の数・負の数の減法(引き算)」が学習できるページです。

この問題のポイント

正の数・負の数の減法の問題は、下のように計算します。

・減法は引く数の符号を変えて、加法にします。

・正の数や負の数から0をひく場合は、数は変わりません。

・0から正の数や負の数をひく場合は、ひく数の符号を変えた数になります。

正の数・負の数の減法を計算してみよう

下の減法の規則を確認しながら問題を解いてみて下さい。

減法の解き方

減法は引く数の符号を変えて、加法にすることができます。

(+A)-(+B)=(+A)+(-B)

(+A)-(-B)=(+A)+(+B)

正の数や負の数から0をひく場合は、数は変わりません。

(+A)-0=+A

(-A)-0=-A

0から正の数や負の数をひく場合は、ひく数の符号を変えた数になります。

0-(+A)=0+(-A)=-A

0-(-A)=0+(+A)=+A

正の数・負の数を習い始めたばかりの時にも理解しやすいように、解答例や途中計算には「+の符号」や「かっこ」を省略せずに書いています。+の符号やかっこを省略しても解けるので、解答例は一つの参考としてご利用ください。

正の数・負の数の加法の問題も下のリンクに問題集があるので、併せてぜひご利用下さい。

正の数、負の数の加法1
中学1年生|数学|無料問題集|正の数・負の数の加法(整数)

このページは、中学1年生で習う「正の数・負の数の加法(足し算)」が学習できるページです。 この問題のポイント 正の数、負の数の加法は、下のよ ...

続きを見る

それでは問題を解いてみよう!

「正の数・負の数の減法」の学習プリントはこちら

下の画像やリンク文字をクリックするとのPDFファイルが開きます。ダウンロード・印刷してご利用ください。

解説テキスト

問題プリント

正の数・負の数の減法は解けたかな?

中学1年生の数学の問題集は、こちらに一覧でまとめているので、気になる問題を解いてみて下さい!

-《 数学 》中学1年生, 正の数・負の数