《 数学 》中学1年生 正の数・負の数

中学1年生|数学|無料問題集|正の数・負の数の加法(足し算)

正の数・負の数の加法(足し算)

このページは、中学1年生が正の数・負の数を学習するための「正の数・負の数の加法(足し算)の問題集」が無料でダウンロードできるページです。

この問題のポイント

2つの数の加法の問題は、下の規則を使って解きます。

・2つの数の符号が同じとき、「答えの符号は2つの数と同じ」で、「答えの絶対値は2つの数の和」になります。

・2つの数の符号が異なるとき、「答えの符号は2つの数の絶対値が大きい方と同じ」で、「答えの絶対値は、2つの数の絶対値の大きい方から小さい方を引いた差」になります。

ぴよ校長
正の数・負の数の足し算をしてみよう

下の加法の規則を確認しながら問題を解いてみて下さい。特に符号が違う数を足すときは、注意して問題を解いてみて下さい。

加法の解き方

同じ符号の数を足すとき、答えの符号は2つの数と同じで、答えの数は2つの数の絶対値の足し算になります。

(+A)+(+B)= +(A+B)

(-A)+(-B)= -(A+B)

違う符号の数を足すとき、答えの符号は大きい方の数と同じで、答えの数は2つの数の絶対値の大きい方から小さい方を引いた数になります。

(+A)+(-B)の答えは、A>Bなら+(A-B)、A<Bなら-(B-A)

正の数・負の数を習い始めたばかりの時にも理解しやすいように、解答例や途中計算には「+の符号」や「かっこ」を省略せずに書いています。+の符号やかっこを省略しても解けるので、解答例は一つの参考としてご利用ください。

ぴよ校長
さっそく問題を解いてみよう!

「正の数・負の数の加法」問題集はこちら

下の問題画像や、リンク文字をクリックすると問題と答えがセットになったPDFファイルが開きます。ダウンロード・印刷してご利用ください。

ぴよ校長
正の数・負の数の加法は解けたかな?

中学1年生の数学の問題集は、こちらに一覧でまとめているので、気になる問題を解いてみて下さい!

-《 数学 》中学1年生, 正の数・負の数

Copyright© おかわりドリル , 2021 All Rights Reserved.