《 小学生 算数 》公式の解説

面積の単位「平方センチメートル・平方メートル・アール・ヘクタール」の関係

面積の単位「平方センチメートル・平方メートル・アール・ヘクタール」の関係5

小学校ではいろいろな面積の単位を学習します。

ここでは、小学校で学ぶ面積の単位について、それぞれの単位の関係を確認していきます。

この公式のポイント

1平方センチメートル=1cm×1cmの正方形の面積

1平方メートル=1m×1mの正方形の面積=100cm×100cm=1万平方センチメートル

1アール=10m×10mの正方形の面積=100平方メートル

1ヘクタール=100m×100mの正方形の面積=1万平方メートル=100アール

小学校での面積の単位は、平方センチメートル、平方メートル、アール、ヘクタールのそれぞれの単位の違いを理解する必要があります。

忘れてしまったときや、お子さんから質問されたときに、ぜひ参考にしてみてください。

ぴよ校長
疑問に思ったことを理解したり納得すると、公式を覚えやすいよ

面積の単位「平方センチメートル・平方メートル・アール・ヘクタール」の関係

はじめに、1平方センチメートルと1平方メートルの面積を比べてみます。

下の図のように、センチメートルとメートルでは、辺の長さは100倍違います。

そのため、1平方センチメートルと1平方メートルでは、面積は「縦:100倍 × 横:100倍=1万倍」大きさが違うことになります。

面積の単位「平方センチメートル・平方メートル・アール・ヘクタール」の関係2

ぴよ校長
1平方センチメートルと、1平方メートルの面積の違いは1万倍だね

 

次に、1平方メートルと1アールの面積を比べてみます。

1アールは1辺が10mの正方形の面積なので、1平方メートルと1アールでは、1辺の長さは10倍違います。

そのため、1平方メートルと1アールでは、面積は「縦:10倍 × 横:10倍=100倍」大きさが違うことになります。

面積の単位「平方センチメートル・平方メートル・アール・ヘクタール」の関係3

ぴよ校長
1アールは1辺の長さが10mの正方形と覚えておこう!

 

最後に、1アールと1ヘクタールの面積を比べてみます。

1ヘクタールは1辺が100mの正方形の面積なので、1アールと1ヘクタールでは、1辺の長さは10倍違います。

そのため、1アールと1ヘクタールでは、面積は「縦:10倍 × 横:10倍=100倍」大きさが違うことになります。

面積の単位「平方センチメートル・平方メートル・アール・ヘクタール」の関係4

ぴよ校長
アールとヘクタールでは、正方形の辺の長さが10倍違うね!

 

これをまとめると下の図ように、平方センチメートル、平方メートル、アール、ヘクタールと単位が変わると、辺の長さは100倍、10倍、10倍と大きくなり、面積は1万倍、100倍、100倍と大きくなります。

面積の単位「平方センチメートル・平方メートル・アール・ヘクタール」の関係5

まとめ

・1平方センチメートル=1cm×1cm

1平方メートル=1m×1m=100cm×100cm=1万平方センチメートル

・1アール=10m×10m=100平方メートル

・1ヘクタール=100m×100m=1万平方メートル=100アール

いかがでしたか?面積の単位で、辺の長さ忘れてしまったときにも、ぜひ参考にして下さい。

ぴよ校長
これで、面積の単位は大丈夫だね

その他の小学生の算数の解説は、こちらのリンクにまとめてあるので、気になるところはぜひ読んでみて下さい。

-《 小学生 算数 》公式の解説

Copyright© おかわりドリル , 2021 All Rights Reserved.